ワールドワイドビジネスをテーマに、世界のトレンド商品をいち早くリーズナブルな価格で販売致します。

  • RAID SNS、随時更新中!→
価格改定のお知らせ
RED V-Paptor
Spark 4K
Komodo CSC開始
KOMODOセミナー
Hollyland
SmallRig
レンタルKOMODO
 
 

Vision Research

レンタル Phantom Flex4K PLマウント/メディア2TB ×3枚付属

-
¥220,000
(税抜 ¥200,000 )
  • お気に入りリストに追加

※ご購入の前に「shop@raid-japan.co.jp」が受信可能かどうかの確認をお願い致します。
 お買い物後に購入内容や支払い方法、発送案内等の重要なお知らせをメールにて送信しております。

レンタル Phantom Flex4K PLマウント/メディア2TB ×3枚付属
レンタル Phantom Flex4K PLマウント/メディア2TB ×3枚付属
拡大画像

※ こちらはレンタル専用の商品です。

レンタルをご利用いただくと、下記の通りポイントが付与されます。

レンタルの種類 1日あたりの金額 ポイント
レギュラーレンタル価格
¥200,000(税抜) / 日 +20,000 ポイント

セット内容

  • Vマウントアダプター/CINE VMM-HL
  • シネスタイルライザー
  • 280W AC/DC XLR 3Pin アダプター(ACケーブル付属)
  • XLR 3pin エクステンダーパワーケーブル
  • Fisher to XLR 3pin パワーケーブル
  • メディア/Cine mag IV x3
  • リーダー/ Cine Station
  • 40W AC/DC アダプター(ACケーブル付属)
  • Fisher to Ethernet ケーブル
  • LENS シム 0.005~1mmセット
  • 取扱説明書
  • Mac PRO (model:A1481 )(ACケーブル付属)
  • Mac 日本語キーボード
  • Mac マウス
  • MAGMA Express BOX T3(Dual Port 10GBAE-T PCle)
  • Mac 用 Ethernet ケーブル
  • Thunderbolt ケーブル
  • DELL PC Vostro (Model: P75G001)(ACケーブル付属)
  • PC用 Ethernet ケーブル
  • Cineroid EVF RVW
  • Lバッテリーアダプター
  • キャノンバッテリーアダプター
  • D- tap-PWR ケーブル
  • EVF取付用ノガアーム
  • EVF用 SDIケーブル x1

Flex4K

Phantom Flex4Kは、1,000 fpsで非常に詳細な4Kイメージングを生成します。CineMag記録メディアは、ワークフロー機能を強化します。Flex4Kは、特にプロの映画アプリケーション向けに設計されています。

  • 4096 x 2304で938 fps
  • スーパー35mmカラーセンサー:
    • ISO 250
    • 録音 EI 800〜1000
  • 64GBまたは128GBのRAM

商品の概要

Phantom Flex4Kは、スーパー35mmフォーマットで低ノイズ、高解像度の4Kイメージングを実現します。 フルサイズの画像は、Cine Rawファイル形式で9.4 Gpxスループットで配信されます。4Kで最大1,000 fpsの画像は、主要なカラーグレーディングおよびビデオ編集アプリケーションと互換性があり、標準の同期サウンドフレームレートをサポートします。

レンズマウントオプションは、オペレーターの柔軟性を高め、PL、Canon EF(電子制御付き)、Nikon Fの間で交換可能です。マウントを変更する機能は、ショットの多様性を促進し、ショット間のワークフローの難しさを軽減します。

Flex4Kは、完全なオンカメラコントロールインターフェイスビューメニューシステムを備えています。バッテリーマウントとリモートコントロールオプションにより、100%の非連結操作が可能です。

主な機能:
  • 3G-SDIビデオ出力
    • デュアルリンク4K
    • デュアルSDIサポート
  • 利用可能なバッテリーマウント:
    • Vロック
    • ゴールドマウント
    • ホークウッズリールパワー
  • オンカメラメニューシステム
  • リモート制御オプション
  • CineStation IVには10Gbイーサネットが含まれています
  • Cine Rawファイル形式

DETAIL

仕様

解像度 FPS
4096 x 2304 938
4096 x 2160 1,000
2048 x 1152 1,900
1920 x 1080 * 1,977
1280 x 720 * 2,932

* Flex4K は、4096 および 2048 の幅でのみ記録します。これらは、フレームレートの変更に影響を与えないトリミングされた解像度です。
一般的な解像度とフレームレート、その他の解像度が利用可能。

簡単な説明 Phantom Flex 4Kデジタルシネマカメラは、4K解像度で最大1,000 fpsを記録し、並外れた画質を提供し、補助電源出力やフル機能のオンカメラ制御インターフェイスなどの生産に優しい機能を提供します。
スループット/速度
  • 9 Gpx /秒
  • 4096 x 2304のフル解像度での最大速度は 938 fpsです
  • 4096 x 2160の最大速度は 1000 fpsです
  • 2048 x 1080の最大速度は 1977 fpsです
センサー仕様
  • CMOS センサー
  • 4096 x 2304ピクセル
  • 6.75 µmピクセルサイズ
  • 27.6 mm x 15.5 mm
  • スーパー35mm ; 対角31.7mm
  • 1920 x 1080 の スーパー16mmフォーマット
  • ベースISOカラー200D ; 250T
  • 露出指数の範囲250 - 1250
  • 推奨EI 800 - 1000カラー
  • ベースISO モノクロ800D ; 2000T
  • 12ビット
露出
  • 露出時間(シャッター速度):5μs〜1 /フレームレート
  • 度またはマイクロ秒(μs)で設定可能
  • 1ミリ秒のプログレッシブスキャン(ローリング)シャッター
メモリー
  • 64 または 128GB 高速内部RAM
  • 不揮発性ストレージ用のCineMag V(2TB、8TB)、CineMag IV、CineMag IV PRO(1TB、2TB)
記録時間
  • 1000 fpsで5秒、4096 x 2160 解像度、64 GB の内部メモリへ
  • 2TB CineMag IVは、24p で2時間の4K Cine raw再生を保持します
  • 2TB CineMag IVは、30p で4時間以上の4K ProRes HQ再生を保持します
特別な機能
  • 3つのメイン 3G HD-SDI 出力、デュアルリンク 4K ビデオと同時ライブモニタリング/再生をサポート
  • HD-SDI は Rec709とLog を切り替えることができます
  • HD-SDI とコンポーネントベースのビューファインダーの両方をサポート
  • 自動/リモート Current Session Reference(CSR)用の標準内部メカニカルシャッター
  • セカンダリIPアドレス
  • マルチシネ収集用のセグメントメモリ
  • フィールドベースのファームウェアアップグレードが可能
  • カメラ本体のアクセサリー用の複数の取り付け穴
トリガー
  • プログラム可能なトリガーの場所(トリガーの事前/事後記録)
  • カメラ本体またはソフトウェアを介してトリガー
  • 同期ポートを介したハードウェアトリガー
  • トリガー入力は 3ピンアクセサリポートでも使用可能
タイミングと同期
  • 内部または外部クロック(FSYNC)へのフレーム同期
  • HD-SDI リターン信号を介してゲンロック同期を利用可能
  • IRIG イン/アウト(変調または非変調)
  • SMPTE タイムコードのサポート
シグナリング
  • 4x 3G HD-SDI 出力 BNC
    (1つはビューファインダー用に予約済み)
  • 1x 3G HD-SDI return BNC、Genlockをサポート
  • トリガー、タイムコード、F同期、AES / EBUオーディオ用の同期コネクタ
    (Mini Bob または キャプチャケーブル経由)
  • リモート(RCU)ポート
  • コンポーネントビューファインダーポート
  • 電源とトリガー用の4つのAuxポート
    (12VDC x 2 および 24V x 2)
接続性
  • 制御とデータの両方のための Gb イーサネット
  • Cine Station IV上の10Gbイーサネット
カメラ制御
  • ファントムカメラコントロール(PCC)
  • カメラ上のコントロール
  • リモートコントロールユニット(RCU)、カメラに直接接続
  • 利用可能な SDK
ビデオ出力
  • 3つのメイン3G HD-SDI は、デュアルリンク 4K ビデオ または 3xスケーリング 1080p 出力をサポートします。
  • ビューファインダー用に予約された追加の HD-SDI
  • コンポーネントビューファインダーポート
  • Rec709 と Logの間で切り替え可能なビデオ出力
レンズ
  • PLマウント標準
  • オプションの Nikon F / Gマウント
  • Canon EOSオプション
ビデオ処理
  • 輝度
  • Gain
  • Gamma
  • Saturation
  • 色温度
  • カラーマトリックス
  • トーンカーブ
  • ログモード
  • PCCでの画像の反転と回転
  • クロップとスケール
運動解析
  • Phantom Application による基本的な測定:
  • 距離
  • 速度
  • 加速度
  • 角度と角速度
  • ターゲット追跡のための手動および自動ポイント収集
  • サードパーティのソリューションとの互換性
サポートされているファイル形式
  • Cine Raw および Apple ProRes 422 HQ CineMag レコーディング
  • PCC Cineファイルへの変換:Cine Compressed、Cine RAW、AVI、h.264 mp4、Apple ProRes .mov、Multipage TIFF、MXF PAL、MXF NTSC、非圧縮 QuickTime、Windows BMP、OS / 2 BMP、PCX、TGA、TIFF、リード、JPEG、JTIF、RAW、DNG、DPX
  • 100 〜 240 VAC、280 ワットの電源が付属
  • オプションの 26V Hawk-Woods および 12V V-Lock Anton-Bauer バックはバッテリー電源用に利用可能
機械仕様
  • サイズ(レンズまたはビューファインダーなし):12 x 6 x 8 in。(L x W x H); 30.5 x 35.5 x 20.3 cm
  • 重量(レンズまたはビューファインダーなし):13ポンド ; 5.9 kg
環境仕様 温度:- 20°  -  50°C
API Phantom SDK


RELATED ITEMS

only day
$nbsp; $nbsp;